小学校の思い出に!卒業記念品にぴったりなのはどんなもの?

オリジナル作成

楽しい小学校生活も終わりがやってきます。

子どもたちの6年間の軌跡を振り返り、成長した姿を誇らしく思う人も多いのではないでしょうか。

また卒業を前に寂しさを隠せない子どもたちを見て感慨深くなる人もいるでしょう。

どの場合でも思い出を大切にしてもらいたい気持ちに変わりはないはずです。

最後に卒業記念品として思い出に残る品を用意してみてはいかがでしょうか。

そこで今回は卒業記念品にふさわしい品として、オリジナルのTシャツについて紹介します。

 

【目次】

最後にみんなで取り組めるのでぴったり!

小学校の思い出が色あせないのでぴったり!

オンリーワンの卒業記念品なのでぴったり!​​​​​​​

 

最後にみんなで取り組めるのでぴったり!

小学校の6年間は何十年と続く人生において特別に長いわけではありません。

しかし大人になってからの6年間とは違い初めて経験することばかりで、

とても新鮮な気持ちで過ごしたことでしょう。

たくさんの輝かしい思い出がつまった6年間です。

普通は成長するにつれて小学校の仲間たちがそろうことは少なくなってきます。

そんな仲間たちとオリジナルのTシャツを作るとすてきな思い出になるでしょう。

 

一般的にTシャツを作ったことがある子どもは少ないです。

そのため新鮮な気持ちで取り組んだ経験をひとつ重ねることになります。

小学校の仲間たちと一緒に行った最後の取り組みとして、特に強く記憶に残り続けるでしょう。

しかし、そう言われてもTシャツを作るのは大変だと感じる人もいるのではないでしょうか。

 

もちろんTシャツを自分たちだけで仕上げるのは困難です。

不可能というわけではありませんが、子どもたちには敷居が高いですし、

卒業を控えた時期に行う余裕はありません。

そのためオリジナルのTシャツの作成をしてくれる業者に依頼することになります。

子どもたちが考えたデザインを伝えて、それをもとに作ってもらうのです。

 

基本的に子どもたちはデザインを考えるだけなので、大きな負担がかかる心配はありません。

卒業の準備をするにあたり妨げになることはないでしょう。

格安で作ってくれる業者もあるので、そこに依頼すれば金銭的な心配をする必要もないです。

 

更に詳しく知りたい方はこちら→【イベントに合わせたオリジナルTシャツを作って、思い出を形にしよう!】

 

小学校の思い出が色あせないのでぴったり!

これまでもらった卒業記念品のなかには開封していない品もあるのではないでしょうか。

タンスの奥などに置いたままになってしまうと、せっかくの卒業記念品も台なしです。

オリジナルのTシャツであれば、そのような事態になることはないでしょう。

いろいろな使い方があるので他の品と比べて目に触れる機会が多いと考えられます。

おしゃれなデザインにすれば日常的に着ることも可能です。

 

外に着ていくことに多少抵抗があるデザインでもインナーとしてなら着ていけるでしょう。

さらに部屋着としてなら問題なく日常的に使用できます。

このように実用性を兼ね備えているのでタンスの肥やしになる心配をせずに済みます。

ただし成長して体が大きくなるとサイズが合わなくなってしまいます。

そのような事情などで着なくなった場合は、別の使い方をすると良いでしょう。

たとえば集合写真をプリントしたTシャツなら、ポスターやタペストリーのように部屋に飾っておくという使い方ができます。

 

わざわざ開いて見る必要がある卒業アルバムと違って、いつでも目に入ります。

またサイズが合わなくなっても同窓会のときだけは多少無理をしてでも着て集まると盛り上がりやすいです。

顔が分かる写真をプリントしたものであれば、当時とのギャップが感じられて楽しめます。

おしゃれなデザインのTシャツも写真をプリントしたTシャツも、身近な存在としてあり続けるので思い出が鮮明に残り続けるでしょう。

 

オンリーワンの卒業記念品なのでぴったり!

卒業記念のオリジナルのTシャツはアイデア次第でとてもユニークなものになります。

たとえば絵柄のスペースを小さくして、あとでマジックで記入できるスペースを残しておくのもひとつの手です。

仲間たちにメッセージを書いてもらうことで、世界にひとつだけのTシャツになります。

メッセージを見るたびに仲間たちとの思い出がよみがえるでしょう。

その他にも「クラス全員、黒板に注目!」など先生がよく言っていた言葉をロゴにして、プリントするアイデアもあります。

仲間との思い出も貴重ですが、先生との思い出も大切です。

子どもたちにとって先生は小学校生活とは切っても切れない存在なので、

当時の記憶をたどると自然に思い浮かぶことが多いでしょう。

そのような先生にまつわる要素を盛り込むのは小学校記念品として良いアイデアといえます。

 

このようにアイデアによって、いくらでも独創性の高いTシャツを作れます。

せっかく卒業記念品を作るのであればオンリーワンと胸を張っていえるものにしたいでしょう。

オリジナルのTシャツは、まさにそれを実現するのにふさわしい品です。

楽しみながらアイデアを出し合ってみてはいかがでしょうか。

また、この試みを成功させるのに欠かせないのが信頼できる業者を選ぶことです。

たとえば「オレンジパーム」は実績が豊富ですし、

オリジナルのプリントや刺しゅうを格安で施してくれるので安心して頼めるでしょう。

ぜひ小学校の卒業記念品として、オリジナルのTシャツを検討してみてください。

 

【関連記事】

せっかくだから手作りしたい!おすすめの卒業記念品は?

仲間の証は手作りしたい!みんなで作る卒部記念品の選び方

・​​​​​​​卒園記念品に選びたい!贈って喜ばれる手作りプレゼントとは?